Event is FINISHED

KIMONO HACK vol.0 〜未来の着物の話をしよう〜

Description

60年後の未来、それはギリギリ私もあなたも生きているだろう、日常の延長にある明日。着物はどんな着られ方をしているでしょう。今と全く変わらない?もしかして形が変わっている?

着物は1200年前平安時代の小袖が原型と言われており、時代ごとのファッションリーダーたちがアレンジを加えて今の形になっていきました。生活様式が変われば、少しずつ衣服も変化するのは必然です。むしろどんどん進化する必要があると思います。今回は「KIMONO HACK」プロジェクトのローンチとして、60年後の未来をみんなで予想しながら、着物がどんな形に変わっていくかを、考え・話し合い・手を動かして形作っていくワークショップです。


▼当日スケジュール

13:30- 14:00 受付開始

14:00- 14:10 プロジェクト紹介

       お茶で乾杯!!

14:10- 14:30 着物の変遷・現在の楽しまれかた紹介

14:30- 15:40 未来の着物を考えるワークショップ

15:40- 16:20 プロトタイプ作成

16:20- 17:00 発表

17:00- 17:10 審査員賞の発表!!

17:10- 17:30 懇親会


▼こんな想いを持っている人にオススメなイベントです!

着物が何となく好き・もっと簡単に着られる方法があればいいのにと思っている・お絵かき好き・アイデアをもらいたい・着物に関する楽しい話し合いをしたい


▼プレゼンテーター

キサブロー

「和服と洋服」、「男性と女性」、全てのボーダーを越えた新しい表現を提案する新進気鋭のブランド。多摩美術大学情報デザイン学科を卒業後、アートユニット・明和電機に入社。その後映像制作会社にて実績を積む傍ら、家業である和裁の修行を開始。着物のデザインから空間デザインまでを手がけるアーティストとして活動中。着物を通して世界が楽しくなるよう活動を広げる。

花村えみ

イベントプロデュース&司会

コンセプチュアルなイベントを発案・企画運営する。着付け師。2016年東京都染色工業協同組合の依頼で江戸小紋・江戸更紗・東京無地染の魅力を伝えるPRを担当。海外への着物文化発信事業に精力的。2014年より着物の愉しみ方を広げる自由大学講義「TOKYO着物学」主催。


▼モデレーター

澤本佑子

代理店やデザイン事務所を経て、フリーのグラフィックデザイナーとして、またシェアオフィス、みどり荘のコミュニティ・オーガナイザーとしても活動中。日々、新しい仕事や面白いコト、0から1を作る状況、場をかき混ぜている。洋服では難しい、大胆な色使いや柄を重ねて着ることができる着物に魅せられ、デザインの観点から新しい着物の未来・可能性を探っている着物好き。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#315285 2018-02-10 03:58:01
More updates
Sat Feb 17, 2018
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
100BANCH
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
参加チケット(着物割引) SOLD OUT ¥1,000
参加チケット(中学生以下) FULL
Venue Address
東京都渋谷区渋谷3-27-1 100BANCH 3階 Japan
Organizer
KIMONO HACK
16 Followers